家賃の安い優良物件を見つける秘訣

家賃は生活費の大部分を占めます。収入から弾きだした家賃を目安にゆとりを持って生活できる賃貸を探しましょう。

家賃から探す賃貸物件

賃貸物件に住むことになったら、家賃は重要です。家賃は生活費を考える時に一番キホンとなる大きな出費です。毎月かなりまとまったお金を家主に支払う必要があります。いくら魅力的な物件でも、家賃が高いと、生活していくうちにゆとりがなくなってしまいます。そうならないように、自分の身の丈に合った物件を探すことが大事になってきます。「収入の3割以内」の家賃に収めることが一つの目安になります。収入とは、社会保険や年金、所得税などをもろもろ引いた、手取りの収入のことを言います。額面の給料が20万円の人でも、実際に銀行に振り込まれるのはいろいろと差し引いて15万円程度だったりします。この場合、収入の3割とは、20万円の3割ではなく、15万円の3割ということになります。15万円の3割だと、4万5千円程度の家賃が適切ということです。

20万円で計算してしまうと、家賃6万円になってしまい、4万円の部屋よりいい条件の物件が借りれるかもしれませんが、のちに家計に響いてくる可能性があります。また、家賃には管理費や共益費、駐車場代なども含んで計算することも重要なポイントです。家賃が4万5千円で、管理費が5千円だと、実質毎月不動産屋に支払うのは5万円です。車を持っていれば、駐車場代でさらに1万円プラスという物件も多いです。それだとかなり予算オーバーになってしまいます。管理費や共益費、駐車場代など全部含めて4万5千円の賃貸物件を借りるが理想的です。

Copyright 2017 家賃の安い優良物件を見つける秘訣 All Rights Reserved.