家賃の安い優良物件を見つける秘訣

少しでも良い条件の賃貸物件に少しでも安い家賃で契約したいというのは誰もが考える事です。安い物件探しのコツとは。

家賃の安い優良物件を見つける秘訣

賃貸物件探し、家賃の安い部屋を見つけるには

賃貸物件を決定するには部屋の間取り、物件の場所、周辺の環境、交通事情など様々な要素が必要ですが、もっとも気になる条件といえば「家賃」ではないでしょうか。できるだけ安い家賃で、でも条件の良い部屋を借りたい、それは賃貸物件に住む人にとって相反する願いでもあります。一般的に家賃の安い部屋というのは古い、汚い、狭い、駅から遠い、周辺に買い物など出来る場所がない、とマイナスな条件が想像されます。でも条件の良い部屋は家賃が高い、どこで妥協するのかが悩みどころであり、物件探しの難しいところでもありますね。

安い家賃で、良い部屋を借りる為のコツはあるのでしょうか。まず、部屋探しをする時には自分の中で部屋の条件をしっかり順位付けしておきましょう。部屋の広さにこだわるのか、狭くとも便利な場所が良いのか、駅から近い方が良いのか、駅から遠くても駐車場がある方が良いのか、などです。そうすると意外な掘り出し物の物件を見つける事ができるかもしれません。例えば山手線沿線は東京の中心であり、家賃もかなり高い部屋ばかりだと初めから思っていませんか?しかし部屋の広さや設備(共同シャワーや共同トイレなど)にこだわらなければ4万円からでも一人暮らしが可能な部屋を見つける事もできます。とにかく駅近で利便性が良く、家賃が安い部屋が良ければそれを徹底して探すことです。

また一人暮らしなら学生が多い街に絞って物件を探すのも安い部屋を見つけるコツです。学生街は物価も安くなり、物件も豊富にあるものです。特に学生が物件探しを終える4月5月になっても空室の部屋は狙い目です。次に学生が動く3月まで空部屋のままにしておいては大家も大損ですので、多少家賃を下げても入居してもらいたいと考えるかもしれません。学生街には個人経営の不動産会社も多くありますが、そういった不動産会社は大家との関係も親密です。交渉次第、頑張り次第では家賃が安くなる可能性もありますよ。逆に大手チェーンの不動産会社はそういった交渉には乗ってくれない事が多いようです。

Copyright 2016 家賃の安い優良物件を見つける秘訣 All Rights Reserved.